SEO対策
☆mojiの花園☆ あと1週間だぉ///////ポケットモンスター プラチナ(●´з`)ノ ⚝総記事数: ⚝コメント数: ⚝2008年8月4日開設から総アクセス数人 ⚝ 現在の閲覧者:

放置気味もじのブログ ☆相互リンク募集中☆ IE以外のブラウザ推奨!!

時刻

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

[DCM]moji[MLj]

Author:[DCM]moji[MLj]


最近の記事+コメント

MELEE/JAPAN SERVER(FREEDOM)

おしまい

動画コーナー

Malibu様作MELEE鯖動画
SAMP:西部警察!!前編 
SAMP:西部警察!!中編 
SAMP:西部警察!!後編 

Powered By 画RSS

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告ページの先頭へ戻る

あと1週間だぉ///////ポケットモンスター プラチナ(●´з`)ノ

2008/09/06(土) 20:02:01

                    
前作ダイヤモンド・パールが発売されておよそ2年・・・追加要素も多数これはたのしみですね^^
長くなりそうなので続きを読むへ


ポケットモンスタープラチナ - ポケモンWiki様 から引用

2008年5月15日発売の「コロコロコミック6月号」及び公式サイトにて正式発表された。パッケージはギラティナ(オリジンフォルム)。「ダイヤモンド・パール」のマイナーチェンジ作品である。コロコロ5月号にてゲームの情報があると告知されていた。第四世代で、現在のところ最新作である。2008年9月13日発売予定であり、ダイヤモンド・パールが発売されておよそ2年後になる。これでシンオウ編シリーズはほかのシリーズと同様3部構成となる(ピカチュウ、ファイアレッド・リーフグリーンは除く)。5体の新ポケモンのシルエットが公開されている。また今年に公開する劇場版「ギラティナと氷空の花束シェイミ」と連動している。本作はマイナーチェンジ作品でありながらも新たなストーリーが追加されているのでなく、一新されていてシナリオのストーリーと攻略法が前作と異なる。いわば「ダイヤモンド・パール」の完全版作品。
ダイヤモンド・パールとの相違点

現在判明している画像からの推定も含まれている。
登場人物

* 主人公およびライバルのコスチュームデザインが変わる。
* ギンガだんアジトに団員集結。脅威の結束力で組織一丸となって作戦を遂行。
o ギンガだんの悪事が増え、出番も多くなる。またアジトにスクリーンがある部屋が追加される。
* ギンガだんを追う主人公の味方となる組織・国際警察が登場。以前発表されていた刑事風の男の正体。
o 国際警察のメンバー(新キャラクターの刑事風の男)のコードネームは「ハンサム」。
* ジムリーダーのデンジと四天王のオーバがタッグバトルで主人公、ライバルと戦う。
* ナナカマド博士から序盤からわざマシン27(おんがえし)が貰える。

ポケモン
ギラティナ

* ギラティナがオリジンフォルムになる。(ダイヤモンド・パールではアナザーフォルムであった。)やぶれたせかいではオリジンフォルム、その他の場所ではアナザーフォルムにチェンジ。但しオリジンフォルムのまま保つ方法があるとのこと(コロコロコミック9月号にて発表)。
* ディアルガとパルキアがともにテンガンざんに呼び出される。
* ギラティナの登場レベルは47(前作はレベル70だった)。

シェイミ

* シェイミに「グラシデアのはな」を使うとスカイフォルムになる。(ダイヤモンド・パールではランドフォルムであった。)
* シェイミを連れて、ソノオタウンの女の人に話しかけるとたいせつなもの分類の「グラシデアのはな」が貰える。
* シェイミの鳴き声はランドフォルムとスカイフォルムでは異なる。

その他のポケモン

* ギラティナと氷空の花束シェイミ前売り券で配布されたレジギガスをつれてくると、レジアイス・レジロック・レジスチルがプラチナのどこかのダンジョンに出現する(戦闘の際の音楽は「戦闘!レジロック・レジアイス・レジスチル」のアレンジBGM。レベルはそれぞれ30)。
* ポケモンのドット絵が一新。現在確認できるのはギラティナ、ガブリアス、ドダイトス ビッパ グレッグル ブイゼル ゴーリキー スボミー カラナクシ ポッタイシ ポッチャマ ムックル ポリゴンZ ゴウカザル ライチュウ ミロカロス エレキブル ブーバーン ルカリオ ミミロップ ギャラドス グレッグル。(もちろんアニメーションも変化している)
* ピカチュウ・グレッグルは戦闘時のエフェクトで手前を向くようになる。
* ポリゴンが全国図鑑前にトバリシティの民家で貰える。
* 新ポケモンが5種類登場する[1](通常プレイでは手に入らず配布の道具が必要。次回更新時に発表。シルエットのみ)。

システム

* 体力ケージが黒色系に変更される(前作は白色系だった)。
* バトルレコーダーという機器を使うと、対戦動画が世界に投稿できる。録画、再生も可能。
* ジムリーダーにもエフェクト(劇場用CMでは戦闘開始時にナタネが動いていた)だが、通常トレーナは動かない。
* してんのうにもエフェクト有り。チャンピオン、フロンティアブレーンにもエフェクトが有るかと思われる
* DSの下画面の「戦う、道具、ポケモン、逃げる」の柄変更。
* なみのりの移動速度が速くなっている。
* 戦闘開始までの速度が速くなっている(ダイヤモンド・パールより遥かに速い)。
* シンオウ図鑑が151匹から210匹になった。

舞台

* テンガンざんの頂上にやぶれたせかいというダンジョンが出現する。
o やぶれたせかいのBGMは新曲。そのほかのダイヤモンド・パールで存在した場所のBGMは同じのようである。
* 町や道路に少しの変化がところどころで見られる。   
o フタバタウンの至るところに雪が積もっている。
o サイクリングロードの一部にゲートが張られている。
* ハクタイジムの内装が変化(恐らく他のジムも変化している)。
* ふれあいひろばに変化。シンオウ地方の最初のポケモンが参加可能な模様。(ポッチャマは確認済み)
* バトルフロンティアが殿堂入り後に行けるファイトエリアに登場。施設はエメラルドから一新、バトルタワー以外は全て新施設である。経営者は不明。公式イラストも公表された。BP交換所もある。施設の数は5。以前公表されていた「城のような建物」はあるフロンティア施設の出入り口。
* Wi-Fi施設が大幅に変化。下の節を参照。

その他

* 予約特典がギラティナのフィギュアである。
* 作品分類としての名称はプラチナ、またはプラット(公式に発表されているため攻略本等でもこの名称が使用される可能性がある)。

新ポケモン

* ※ずかんナンバー的には新ポケモンは登場しない。ただし、一部の既存ポケモンに新たな姿(フォルム)が追加された。
* No.487 ギラティナ(オリジンフォルム):2008年2月15日公認。ギラティナの裏世界での真の姿。
o タイプ:ゴースト/ドラゴン
o 特性:ふゆう
o 入手方法:やぶれたせかい(Lv47)
o フォルムチェンジ
+ アナザー~オリジン…やぶれたせかいに主人公がいる場合
+ オリジン~アナザー…その他の場所(地上)に主人公がいる場合
+ オリジン…保持する方法は不明。詳細は8月15日に判明
* No492 シェイミ(スカイフォルム) 2008年6月13日公認。グラシデアの花粉に触れるとフォルムチェンジ。
o タイプ:くさ/ひこう
o 特性:てんのめぐみ。
o 入手方法:映画「ギラティナと氷空の花束シェイミ」上映館内で配布(Lv50) 7月19日~9月30日迄期間限定
o フォルムチェンジ
+ ランド~スカイ…グラシデアのはなを使用する。夜とこおり状態の時、使用不可
+ スカイ~ランド…一切不明。次回更新時に発表
* No.493 アルセウス 現在の時点で未公認。
o タイプ:ノーマル
o 特性:マルチタイプ
o 入手方法:はじまりのまに出現(数年後のイベント配布)。現在、入手は一切不可能

新キャラクター

今回は現在確認されている時点で2人存在する。

* ハンサム:国際警察のメンバーの一人。名前はコードネームである。
* ギンガ団の一員:老人で科学者風の男。幹部や下っ端を指示する。名前不明。 

Wi-Fi機能

本作の見所の一つ。前作より大幅に機能が追加され、一新された点も多く見られる。ゲームフリーク社員が注目してほしい点として挙げていた。マイナーチェンジは「エメラルド」から新要素が豊富になり、好評だったが、本作はもっと機能や要素が追加されている。前作よりWi-Fi対応施設が多くなっていることも売りになっている。ゲームフリーク曰く「対戦だけじゃない」。

* ポケモンセンター:地下はWi-Fi機能が充実している。他の施設より要素が多い。
o Wi-Fi通信 前作同様、ともだちコードを教えあって通信対戦や通信交換が可能。ボイスチャット機能あり。レベルも強制で一時的に変更して対戦が出来る。シングルバトル、ダブルバトルの中からLv50、Lv100、フリーを選択可能
o Wi-Fiクラブ:ともだちコードを知っている者同士が通信して遊べる。ここからバトルフロンティア挑戦が可能。
+ バトルフロンティア以外にもWi-Fiひろばのミニゲームや、ポフィンづくりなどが出来る。
+ ばくばくマルノーム:マルノームの口にきのみを入れて得点を競うミニゲーム。
+ ころころマネネ:玉に乗っているマネネを落とさないように、玉をタッチで転がして得点を競うミニゲーム。
+ どんどんソーナンス:ソーナンス型のポンプをタッチペンで押して、水風船を協力して割るミニゲーム。10個割ると何かが起こる...?
o Wi-Fiひろば:ともだちコードを知らない世界の人と通信してリアルタイムで楽しめる。最大20人と共に楽しめる。
+ Wi-FiひろばでのBGMは新曲となっている。
+ wi-Fiひろばにいることのできる時間は、およそ20分程度。ポケモン型の乗り物(フロート)に乗って退場することができる・
+ ポフィンづくり:全国の人達とポフィンを一緒に作れる。
* グローバルターミナル:ポケモンを預けて、条件が合えば交換できるGTSがバージョンアップした施設。
* バトルフロンティア:5つの施設でさまざまなルールのバトルが楽しめる新施設。
o Wi-Fiクラブから全国の友達とマルチバトルで楽しむこともできる。

映画との連動

2008年7月19日第11作品「ギラティナと氷空の花束シェイミ」とは発売前の公開のため直接な連動はない。だが、映画館のシェイミと前売り券のレジギガスは本作に送ると様々な出来事が起きる。また発売後は配布対象は「ダイヤモンド・パール」「プラチナ」となる。2009年の映画では更なる連動企画があると考えられる。
プラチナ発売までの流れ

* 4月15日:コロコロコミック5月号(464ページ)で次号に新作情報が発表されると噂が流れる
* 5月12日:コロコロコミック6月号の情報が流出。この頃から話題になる
* 5月15日:公式発表。ポケモン公式サイト、及びコロコロコミック6月号にて少しの情報を公表した
* 6月13日:プラチナ公式サイトオープン。プラチナ公式サイト、コロコロコミック7月号にて情報公開
* 6月15日:ポケモンサンデーで最新情報として取り上げる。ゲーム動画も初公開
* 6月27日:ポケモンだいすきクラブで限定ギラティナエディションDSlite+プラチナでエントリー販売(7月14日まで)
* 7月15日:プラチナ公式サイト、コロコロコミック8月号にて情報公開。エントリー販売の当選発表
* 7月19日:予約開始(9月12日まで)。映画館で冒頭に劇場版プロモーション宣伝CM放送(9月30日まで)。
* 7月20日:ポケモンサンデーにてゲームフリーク訪問レポート。プラチナ最新情報公開
* 8月1日:ポケットモンスタースペシャルサイトのポケモンムービーライブラリーにてムービーを3作品公開(次回更新は9月上旬)
* 8月4日:ポケモンセンタートーキョーで配信の「Wi-Fiけいじばん」に日替わりのスクリーンショット配信
* 8月11日:発売前最終更新。コロコロコミック9月号で付録でシナリオ序盤攻略ガイドが入手可能
* 8月29日:任天堂プラチナ公式サイトオープン。プロモーションムービー公開
* 8月31日:テレビCMが各局で放送。30秒のCM2種類が確認
* 9月4日:ポケモンムービーライブラリー更新。第三回公開。Yahoo!スペシャルサイトにてスカイタワーがオープン
* 9月13日:プラチナ発売予定。攻略本が発売。新ポケモン5体のシルエットの正体が判明
* 9月13日:コロコロコミック10月号にて発売後シナリオ攻略法が記載
* 9月28日:新ポケモン5体に関する道具を対象店舗で配信(11月4日まで)

プラチナに関するデータ&スペック

* 型番:NTR-
* 発売元:株式会社ポケモン
* 販売元:任天堂
* 開発元:ゲームフリーク
* ジャンル:RPG(ロールプレイングゲーム) 
* プレイ人数:1人(通信時2~8人)
* CERO:A(全年齢対象)
* 発売日:2008年9月13日(コロコロコミック8月号より判明)
* 予約期間:2008年7月19日~2008年9月12日(開始は映画公開日と同日)
* 対応機種:ニンテンドーDS又はニンテンドーDSLite。
* 価格:4800円(税込)
* 通信互換:ダイヤモンド・パール、ポケモンバトルレボリューション
* ダブルスロット互換:ルビー・サファイア、ファイアレッド・リーフグリーン、エメラルド(パルパーク経由)
* 売上本数:
* ROM容量:
* その他の仕様:ニンテンドーWi-Fiコネクションに対応。

プラチナ紹介ムービー

現在、以下の5本が公式の紹介ムービーとして公開、放送している。

* 劇場用CM:7月19日よりポケモン映画上映時に放送。一部の店舗でも放送されている最初の公式CM。
* 店頭用プロモーションムービー:ポケモンフェスタで先行公開。後にプラチナ公式サイト、ニンテンドーチャンネルにて配信。
* 任天堂公式サイト限定プロモーションムービー:8月29日より任天堂プラチナ公式サイトにて公開中。
* テレビCM1:8月31日より各局でCMとして放送。「最初のポケモン達」が登場するCM。30秒程度。
* テレビCM2:8月31日より各局でCMとして放送。「伝説のポケモン」が集結するCM。30秒程度。

発売決定後の動き

2008年5月15日に正式発表がされ、ネット上では喜びの言葉や、第二世代のリメイクへの期待が大きかったため、失望の声などが見られる。またゲームフリークの増田順一のブログ「増田部長のめざめるパワー」では発売について記述されている。最初に公開されたのは開発中のゲーム画面2枚のみ。従って2008年5月現在、どのゲーム情報サイトでも公式サイトと同じ内容が記述されていた。発表から日が過ぎてもファンの推測や期待が後が断たない。2008年6月13日にはコロコロコミック7月号で続報が公開され、公式サイトも更新された。6月13日にはシェイミの新フォルム、パッケージ公開、新要素の大まかな情報が公表してファンの注目を集めた。次回更新は9月13 日予定。発売日はポケモン史上初の土曜発売となった。ちなみに公式サイトも設立されている。
予約に関する情報

予約は2008年7月19日開始予定。映画「ギラティナと氷空の花束シェイミ」の公開日と同日である。特典は海洋堂特製オリジナルギラティナフィギア。またポケモンだいすきクラブにてニンテンドーDSliteギラティナエディション+プラチナ特別セットの抽選結果が出た。応募者が多く結局は抽選となった。またそのような落選者を狙った当選者のネットオークションの購入権利出品する様子が見られる。但しこれは規約違反で会員削除される場合がある。そうなるとキャンセルという形で再抽選に持ち込まれる。ちなみに再抽選結果は7月30日発表予定。
備考

* プラチナの由来はディアルガの専用道具「金剛玉」とパルキアの専用道具「白玉」のそれぞれの語頭の言葉からきていると言う説がある。また、ダイヤモンドの別名「金剛石」と白真珠より来ているという説もある。(プラチナの別名は白金)
* ネットではタイトルの略字について議論されている。パールの頭文字のPと重なるため紛らわしいという意見がある。最近ではPtや白金版という略し方が目立つ。しかし三作品の総称でDPPとなることは未解決である。
* 発売日は木曜を予定していたが、9月11日はアメリカ同時多発テロが起きた日なので延長されたらしい。
* ネット上では「ポケットモン スタープラチナ」と書く人がよく見られる。(おそらく、ジョジョの奇妙な冒険の超能力、スタープラチナとかけてわざとそうかいていると見られる)ちなみに今回のロゴはポケットモンとスターの間に稲妻がはしっているため誤解してしまう人が増加した。
* ポケモンサンデーでゲームフリークを訪問した時にロバートは開発中のプラチナでばくばくマルノーム、やぶれたせかいを体験した。
* プラチナの開発を考えたのは「ダイヤモンド・パール」の開発終盤。
* 増田順一は、プラチナは「究極2」だと述べている。
* プラチナは「みんなのポケモン牧場」と非対応である。

脚注

1. ↑ 公式には「謎のポケモンのシルエットが5種類」と発表されており、新ポケモンではなく従来のポケモンの新フォームが5種類追加という可能性も




とまあ長くなりましたが見ただけで楽しみですね♪本当ポケモンは子供から大人まで幅広い人が愛していますね☆また何か情報など入りましたら紹介させていただきます(●´з`)ノ
カテゴリ:DSトラックバック:0コメント:0ページの先頭へ戻る
<< OPERATION7ホーム全記事一覧あなた誰ですか?w >>

コメント
コメントの投稿

mojiにだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mojimojimojimoji.blog33.fc2.com/tb.php/22-7dfdc4e1

翻訳

すかいぷ

ログイン状態

Twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

もじもじ倉庫

↓ENBのini等こちらにあります↓

ブログバナー

リンク

バナーリンク

OPENで表示

ブログパーツ


ジオターゲティング

Copyright(C) 2006 ☆mojiの花園☆ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。